旦那が一気に痩せた!

それは一昨年、5月下旬のことだった。私の旦那は朝起きるとすぐ、自宅の浴室の隣にある洗面所に行った。

洗面所の床には先日、ドラッグストアで購入したばかりの真新しい体重計が置かれていた。

旦那はそれに乗るなり思わずあっと声を挙げた。

「体重が落ちてる!いやあ凄いな!」

思わず旦那はそうつぶやいた。無理もない。ついこの間まで87キロだった体重が僅か3週間余りで67キロに落ちてしまったのだ。つまり20キロ減である。

これが旦那にとっては、人生初めてのダイエット経験だった。そして、それがものの見事に成功した『瞬間』だった。

「糖質制限ダイエット」というダイエット方法がこんなに短期間で結果を出せるとは、正直思っていなかった。むしろ、こんなに簡単で痩せられるのかと思ったほどだ。ところがいざ始めてみると朝、体重計に乗ると、確実に毎日1キロから多い時には2キロ痩せていく。

それも途中から加速度がついて、グン、グン、グンという調子で体重が落ちていった。正直、こんなに素早く痩せて、健康には大丈夫かと心配になるくらいだった。

「糖質制限食」は、「糖質」の多い、ご飯、パン、麺類などのコメ・麦製品、いも類、菓子類を徹底して抜く食事療法である。これを実行すれば、8~9割の人は従来の面倒なカロリー計算など一切不要で痩せていく。

タンパク質や脂質が主成分の肉や魚などは、お腹いっぱい食べても大丈夫だ。

糖質の多い食品をあらかじめ把握しておき、普段の食事でそうした食品を控えるようにすればいいのである。

もちろん、いくら糖質制限ダイエットを行なっても、普段から極めて食事量の多いいわゆる「大食漢」や基礎代謝が極めて低い人は、糖質制限食に加えて、ある程度のカロリー制限も行なわなくてはならない。だが、普通の量を食べる人で普通の基礎代謝があれば、糖質制限さえ行なえば、みるみる痩せていく。

糖質制限食には、「スーパー」、「スタンダード」、「プチ」という3つのやり方がある。ダイエット効果や生活習慣病の改善効果が最も高いのが、1日3回主食を抜いて、おかずだけを食べる「スーパー糖質制限食」だ。

次に、3食のうち2食は主食を抜くが、忙しい朝食や昼食どちらか1食だけ主食を食べるのが「スタンダード糖質制限食」である。