健康と美容のための食事

健康管理のために必要なことといえば、食事、運動、睡眠ですね。この三つはどれが欠けても健康状態を悪くしてしまいます。今回はその中から食事について書いてみたいと思います。

食事で気を付けることといえば食べるものの量と種類、食事の回数、それに食べ方でしょうか。食事というととかくカロリーばかり気にしがちですが、他にもいろいろ気を付けるべきことがあります。

まずは食事の回数について。ダイエットのために食事の回数を減らす人も多いですが、個人的にはお勧めしません。もともと日に二回しか食べないという人は体がそれに慣れているため問題ないですが、いままで三食食べていた人が突然食事の回数を減らすとデメリットが多いです。昼間に集中力が途切れるようになったりイライラしてしまったり(><)。安易に回数を減らすのはやめましょう。一日三食が基本ですよ。

次に食べ方。これもさんざん言われていることですが、よく噛んで食べることです。咀嚼法ですね。よく噛んで食べることで食べ物と唾液がしっかり混ざり合い、消化吸収を助けてくれます。唾液には少しですが酵素が含まれているので唾液をたくさん飲むことも健康にいいですよ。

それにしっかりかむことは脳を刺激してストレスの解消や脳の活性化にもつながりますし、ダイエットにも効果があります(^^)。ダイエット細胞と呼ばれている細胞を活性化させて脂肪の燃焼力を増やす効果があるそうです。健康的に、さらに痩せられる。咀嚼法ってすごいですね。

ただ、咀嚼法をすると食事を楽しめないという声を聴きますので、そこも工夫しましょう。メインディッシュやデザートを食べるときは好きに食べて、サラダなどを食べるときだけ咀嚼法をする。これだけでも効果はありますよ。

それから食べるものの量と種類。これもよく言われることですが、おなか一杯食べるのはやめましょう。急に減らすと後々おなかが減ってしまうので、いつもより少し少な目にすることから始めましょう。それに、糖分、塩分、脂分を減らすこと。ご飯を一口分だけ減らす、メインディッシュ以外のおかずに使う塩分を半分にするなどすれば食事を十分楽しみながら炭水化物や塩分の摂取量を減らせますよ(^^)。油はオリーブオイルを使うことをお勧めします。

最後に、健康のためにいいおすすめの食品をいくつかご紹介します。まず卵。卵は食物繊維とビタミンC以外の全ての栄養素を持つほぼ完全な栄養食です。先日亡くなってしまいましたが、現代で最高齢の117歳の女性は毎日卵を3つ食べていたとか。卵の食べ過ぎはコレステロールの取り過ぎになるとか言われていたこともありますが、最近の研究では一日2~3個くらいなら問題ないそうです。健康で長生きするには卵を取るといいですよ。

リンゴとトマトもおすすめです。一日一個のリンゴは医者いらず、トマトが赤くなると医者が青くなる、なんて言葉もあるそうです。健康のために何を食べればいいのか悩んでいるのなら、これらをよく食べる事から始めてみてはどうでしょう。