おからクッキーダイエット

結構前の話になりますが、過去最高体重を記録した私は、さすがにこのままではヤバイと思いダイエットをすることにしました(ノ゚ο゚)ノ

しかし贅沢者で、食べ物大好きな私に食べ物を制限するダイエットはできないと思ったのです。ついでにいうと運動も苦手で、ウォーキングに使う時間が勿体ないと思ってしまったり、ジムに通うにしても今の自分の恥ずかしい姿を見せたくないと思ってしまい行動に移せませんでした。

自分を放っておいて太ったのに、恥ずかしくてダイエットができない、とか今から思えば何様だよ、て感じですヾ(ーー )

最初はプロテインダイエットなどで食事を置き換えることを考えたのですが、プロテインって意外と高いんですね、今まで知りませんでした。

この金額分置き換えてそれで効果なかったらイヤだなぁと思うとプロテインを購入することを躊躇してしまいました。

また私は歯ごたえのあるものが大好きで、煎餅などの噛むと口のなかで散らばる食べ物が好きなのです。

色々とネットや雑誌などで情報を集めていると、おからクッキーというのが世間にあることを知ったのです。

一見普通のクッキーなのですが、バターなどを使用していないものは低カロリーで尚且つ値段も安いのです。

通販で評判のよいところからお試しのものを購入し、それを昼ごはんとして置き換えることにしてみました。

正直期待はしていなくて、クッキーがおいしかったらいいなぁくらいにしか思っていませんでしたm(-_-)m

一日に四枚くらいを水と一緒に食べると満足感がある、とのことでほんまかいなと思いつつ食べると、口のなかでクッキーが崩れ、確かに水がないと飲み込めないのです。

一枚につき200ミリリットルくらい私は飲みました。

クッキーの歯ごたえも自分としては好きなものでしたし、おからのニオイとかもしませんでした。

梱包も二枚で1パックになっていましたので、美味しいからといって食べ過ぎることもなく自制ができるのです。

一枚30キロカロリーくらいですので二枚から四枚食べても一食分余裕でカロリー制限できますし、置き換えて夕方までお腹が減りません。

おかげで半年で5キロほど減量に成功して嬉しいかぎりですO(≧▽≦)O

 

健康と美容のための食事

健康管理のために必要なことといえば、食事、運動、睡眠ですね。この三つはどれが欠けても健康状態を悪くしてしまいます。今回はその中から食事について書いてみたいと思います。

食事で気を付けることといえば食べるものの量と種類、食事の回数、それに食べ方でしょうか。食事というととかくカロリーばかり気にしがちですが、他にもいろいろ気を付けるべきことがあります。

まずは食事の回数について。ダイエットのために食事の回数を減らす人も多いですが、個人的にはお勧めしません。もともと日に二回しか食べないという人は体がそれに慣れているため問題ないですが、いままで三食食べていた人が突然食事の回数を減らすとデメリットが多いです。昼間に集中力が途切れるようになったりイライラしてしまったり(><)。安易に回数を減らすのはやめましょう。一日三食が基本ですよ。

次に食べ方。これもさんざん言われていることですが、よく噛んで食べることです。咀嚼法ですね。よく噛んで食べることで食べ物と唾液がしっかり混ざり合い、消化吸収を助けてくれます。唾液には少しですが酵素が含まれているので唾液をたくさん飲むことも健康にいいですよ。

それにしっかりかむことは脳を刺激してストレスの解消や脳の活性化にもつながりますし、ダイエットにも効果があります(^^)。ダイエット細胞と呼ばれている細胞を活性化させて脂肪の燃焼力を増やす効果があるそうです。健康的に、さらに痩せられる。咀嚼法ってすごいですね。

ただ、咀嚼法をすると食事を楽しめないという声を聴きますので、そこも工夫しましょう。メインディッシュやデザートを食べるときは好きに食べて、サラダなどを食べるときだけ咀嚼法をする。これだけでも効果はありますよ。

それから食べるものの量と種類。これもよく言われることですが、おなか一杯食べるのはやめましょう。急に減らすと後々おなかが減ってしまうので、いつもより少し少な目にすることから始めましょう。それに、糖分、塩分、脂分を減らすこと。ご飯を一口分だけ減らす、メインディッシュ以外のおかずに使う塩分を半分にするなどすれば食事を十分楽しみながら炭水化物や塩分の摂取量を減らせますよ(^^)。油はオリーブオイルを使うことをお勧めします。

最後に、健康のためにいいおすすめの食品をいくつかご紹介します。まず卵。卵は食物繊維とビタミンC以外の全ての栄養素を持つほぼ完全な栄養食です。先日亡くなってしまいましたが、現代で最高齢の117歳の女性は毎日卵を3つ食べていたとか。卵の食べ過ぎはコレステロールの取り過ぎになるとか言われていたこともありますが、最近の研究では一日2~3個くらいなら問題ないそうです。健康で長生きするには卵を取るといいですよ。

リンゴとトマトもおすすめです。一日一個のリンゴは医者いらず、トマトが赤くなると医者が青くなる、なんて言葉もあるそうです。健康のために何を食べればいいのか悩んでいるのなら、これらをよく食べる事から始めてみてはどうでしょう。

 

基礎的なケアで美肌に!

美肌は洗顔・保湿からだと思います。基礎的なケアで美肌を目指します。
・まず汚れを落とす
間違っても、化粧を落とさずに寝てはいけません。クレンジングで化粧を落として、丁寧に洗顔しましょう。
汚れが残っている肌にいくら化粧をしても、きれいにのってはくれません(+_+)

まずアイメイクや口元のメイクは専用のクレンジングを使用して落とします。皮膚が薄いため、こすらず、やさしく。
ベースメイクはTゾーンから頬の順に。
そして、ぬるま湯ですすぎます。

洗顔はよく泡立てて肌にのせます。泡立てネットを使うと、簡単に泡立てることができます。
ごしごし洗わずに、やさしく、素早く。
そして、クレンジング同様、ぬるま湯ですすぎます。
すすぎ残しがないように、あごや生え際などもきちんとすすぎましょう。

・洗顔後すぐに保湿
洗顔を終え、タオルで水分をぬぐうと、すぐに化粧水をつけます。
洗顔後すぐから乾燥がはじまるので、できるだけ素早くつけます。
お肌が乾燥しているかもと思ったときは、化粧水を2度つけると効果的です。
化粧水をつけた後、乳液や保湿クリームをつけて、水分の蒸発を防ぎます。

・日常のスキンケアも大事
外出しない日は保湿だけで済ますことはありませんか?
ゴミ出しだけ、洗濯を干すときだけ・・・
短時間、外に出るときや家の中にいても、紫外線は降り注いでいて、肌にダメージを与えてしまいます。
なので、必ず、日焼け止めをつけるようにしましょう。
SPFが高いものは肌に負担がかかるので、普段使う場合は低いものにしましょう。

・体の中から美肌に
外からのスキンケアも大事ですが、同時に栄養や睡眠も大事です。
普段の食事はバランスを考えて、旬の野菜を取り入れたり、ビタミンCたっぷりの果物を積極的にとりましょう。

睡眠不足は肌荒れの元です。規則的な生活を送るようにします。
肌は睡眠時に生まれ変わっています。
起床時間、就寝時間を毎日同じような時間に決めます。
週末に寝だめをしても、肌は再生されません。
基礎的なスキンケアを載せました。
年齢とともに細やかなスキンケアが必要になってきます。自身の肌質にあった方法を見つけていくことで、
いつまでも美肌を保つことができます(#^^#)