おかずをたくさん食べて痩せる

スーパーなどで買い物をしながら、食品の糖質一覧表を見比べていくとやがて食品ごとの糖質が大まかに分かるようになる。しかし細かな数値は必要ない。極めて大ざっぱでいいのだ。

麺好きで、殆んど毎日、そばやうどん、スパゲティなどをゆでては自分で調理していた旦那にとっては、麺類が持つ怖しいほどの糖質量の多さに驚いた。そしてこれが自分の太った原因であり、糖尿病にもなった理由だと気がついた。

「糖質制限」はタラタラやっても効果が出にくい。やる時はキッチリやって身体に糖質がしばらく入らないことを覚え込ませることが大事である。

旦那が実際にやってみて分かったのは医師の著書にもあるようにまず主食を抜くことが大事ということだった。ご飯、麺類、パン類を徹底して抜く。これだけで大口の糖質摂取はなくなる。

とりあえずその主食の代用となるものを探すことが急務だった。これには、腹持ちが良く、しかも食べ飽きないものがいい。

最初トライしたのが、ふすまパンだった。低糖質のふすまパンを冷凍で宅配してくれる業者に注文し、しばらくはこれを主食におかずを食べた。だが、ある時からふすまパンを見るのも嫌になってしまった。要するに同じものばかり食べるために飽きてくるのだ。ここが糖質制限の難しいところだ。

そこで次に主食代りと決めたのが、豆腐だった。夏ならば冷奴、冬なら湯豆腐か鍋料理と毎食、豆腐を1品つける。豆腐のいいところは、腹持ちが良く、満腹感があることだ。

毎日1丁など食べきれない。せいぜい半丁がいいところである。

旦那の場合、この「豆腐主食時代」が比較的長く続いた。糖質制限食を始めて2年後の今でも続いているぐらい飽きない。何より豆腐はボリュームがあって腹持ちがいいのが嬉しい。

冷奴や湯豆腐ばかりでは飽きるのでバリエーションとして、豆腐を溶き卵に入れて焼く韓国風のジョンなどを料理する。これも朝食に良い。あるいは、小粒の納豆を豆腐にかけて食べると食感がご飯に似てきて安心することも発見した。

しかし、豆腐ばかりでもさすがに飽きてくる。そこで、今度はふすまパンを時々取り寄せたり、豆腐と併用する「ふすまパン・豆腐時代」が交互に続いた。

そのうち、旦那は何かを「主食」にしておかずを食べるという考え方そのものが間違っていることに気付いた。主食を食べるのではなく、おかずを沢山食べてお腹をふくらませるのだ。

つまり「おかず」の語源通り「数多く」食べるのである。その際、主食は食べないのである。

 

糖質制限で食事が変わる

『満腹ダイエット』のレシピを家庭でほぼ作り終えた頃、売れ行きが好調だったらしく、第2弾の『酒飲みダイエット』が出た。これも有り難かった。この2冊のムックを参考に自宅で作るレパートリーを増やしていった。

例えば、韓国料理で豆腐を入れた卵焼き「豆腐のジョン」や「わかめの豚肉巻き蒸し」、「いんげんと竹の子のカラカラ炒め」、「ほうれん草のナムル」などが紹介されていると、これをすぐ作った。こうして、糖質制限料理のレパートリーが広がっていった。「イワシの和風ハンバーグ」は豆腐を使って自家製にすぐアレンジし、我が家の定番料理となった。

パン好きの旦那にとって、糖質制限ダイエットではパンがNGとされたのは辛かった。しかし、低糖質のふすまを使ったふすまパンを冷凍で宅配してくれることを同誌で知り、「ローカーボふすまパン」と「青春メロンパン」、「大豆シナモンパン」を糖質制限1週間後から取り寄せた。

このうち「ふすまパン」は独特の臭みがあり、最初、食べるのに抵抗があった。しかし青春メロンパンと大豆シナモンパンは美味しく、どっさりと買い込んで冷凍庫の常備品となった。同じ通販の「こんにゃく焼きそば」も取り寄せてみた。これは正直いまいちでガッカリした。

こうして、糖質制限食メニューを始めて、最初の1ヵ月間が過ぎた。次第に、メニューを独自で開発し、コンニャクを用いたラーメンや、うどんやパスタなども自分で作ったり、宅配で取り寄せてみた。しかし、味がもうひとつであっても、本物のラーメンやうどんは、絶対食べないよう心掛けた。

これらは「別れた恋人」。もう二度と会わないのだ。あるいはラーメンなんて元々そう美味しくない食べ物だと思い込むようにして、意識的に遠ざけるようにした。

要するに、糖質の多い料理を食べないように食べないように、意識して考え方を変えたのだ。

それでも食べたくなる場合は「もう一生分食べてしまったのだから、食べなくともいい。それより生きる方が重要だ」と思ったりもした。

 

コンビニスムージーでダイエット♪

楽そうなダイエット方法に目がない私は、少し前に流行った、スムージーでの置き換えダイエットにチャレンジしてみることにしました(^◇^)
特にダイエット目的で販売されているスムージーではなくて、コンビニで売られているごく普通のグリーンスムージーです。

やり方はカンタンで、いつもの昼食をスムージーに置き換えるだけです。
書くだけだと本当に楽そうですよね( ゚∀゚)
けれど、実際に試してみるとそうはいかなかったんです(´-ω-`)
とても手軽なのは間違いありませんが、私の場合は結局長続きせずに終わってしまいました(´;ω;`)

なぜかというと、コンビニスムージーはジュースに近い食感で、シャバシャバして腹持ちがイマイチだったからです。
以前サンプルで試食したことがあるんですが、置き換えダイエット用にしっかり開発されたものだと、かなりとろみがあって、食事をとらなくてもある程度の満足感が得られるんです( ゜o゜)

ただ、そういう商品とはお値段も全く違いますし、さすがにコンビニスムージーにそこまで求めるのは酷ですよね(;´Д`) =3
ちなみに、一緒に始めたパート先の同僚は私よりはかなり長続きしたようです。
でも結果は、体重は特に減らないままトイレが近くなっただけだったと言っていました。
利尿作用があるのか、単にシャバシャバの水分を食事がわりに飲み過ぎたというだけのことかもしれませんね(^o^;)

結局スムージーダイエットには失敗しましたが、効果があったとすればお通じが少し良くなったかな?ということでしょうか。
便秘まではいかないものの、なんとなくスッキリ出きらないな~ということがよくあったんです(-“”-;)
スムージーを毎日飲んでいたころは、その感覚がなくなりました。
これってもしかして、ダイエット効果といってもいいんでしょうか(・∀・)

今度もしダイエットにスムージーを飲むとすれば、置き換えダイエット専用の、腹持ちの良いタイプを試してみたいと思います。(*´ω`*)

 

簡単で健康的にダイエット!

私は今まで色んなダイエット方法を試してきて、2か月で健康的に7㎏のダイエットに成功したことがあります。
特に大きな効果を得られたダイエットは「豆乳ダイエット」「甘酒豆乳置き換えダイエット」です。

◎「豆乳ダイエット」
豆乳ダイエットは、生理が始まる1週間前から毎日朝食を食べる前に、豆乳をコップ一杯飲むダイエットです。
コップ一杯豆乳を飲むだけで、生理が終わるとどんどん体重が減っていき、美肌効果もあるので女性に大人気のダイエットです。
生理前になると代謝が悪くなり、余分な水分をため込んでしまい、顔や脚が浮腫んでしまいます。
そのため、生理がくると体重が増えてしまいますが、生理が終わって代謝が良くなり、ため込んだ水分を排出して体重が元に戻るのが通常です。
生理前に豆乳を飲むことで、豆乳に含まれているカリウムという栄養素が余分な水分を排出してくれるので生理前の浮腫みがなくなり、生理がきても体重が増える心配はなくなります。
そして、生理が終わると代謝が良くなり、元からある脂肪を燃やして体重が減るという仕組みです。
この方法で私は2か月で7㎏のダイエットに成功することができました。

◎甘酒豆乳置き換えダイエット
このダイエットを始める前、毎晩お腹の張りに苦しんで、朝起きると顔がむくんでて毎日憂鬱でした。
ある日テレビで甘酒置き換えダイエットがブームになっているのを知り、これなら健康的に痩せられると思い試してみました。
ですが、今まで何度か置き換えダイエットを試してきましたが、どれも腹持ちが悪く、続いたことがありませんでした。
せめてお腹の張りが良くなってくれたら…と、あまり期待していませんでした。

【1日目】
私は甘酒の味が苦手だったので、豆乳を1:1入れてで混ぜると、甘くてまろやかですっごく美味しかったです。
コップ一杯だけですが、お昼までお腹はすきませんでした。

【2日目】
いつも通り甘酒豆乳を飲みます。
まだ大きな変化は見られませんが、味はおいしいし、腹持ちがいいので続けてみます。

【3日目】
なんと体重1㎏減っていました!
お腹の張りもなくなり、ニキビがなくなって肌が綺麗になってます。

そして、4日目、5日目でも体重が1㎏ずつ減っていき…
5日間で3㎏痩せることができました!

無理せず健康的に痩せられるので、「豆乳ダイエット」「甘酒豆乳置き換えダイエット」はすごくおすすめです!

ここのサイトもためになります。→ http://確実に痩せるダイエット.jp/

 

糖質制限ダイエットスタート

糖尿病が発覚して3日目の朝だった。旦那は突如早起きして、自分で目玉焼きとトマト、納豆と豆腐という糖質制限食の朝食を自分で作り始めた。

「朝早くから何作ってるの」

台所の物音を聞いて目が覚めたので、声を掛けた。

「今日から糖質制限始めてみようと思って」

「何、それ」

「糖質を含む炭水化物を制限して痩せるんだ」

「そんな面倒臭い料理、作れるのかしら」

そんな会話の後、昼食になった。

昼もレシピに載っていた薄アゲにチーズとピーマン、玉ネギのスライス、サラミを乗せてオーブンレンジで焼く「油揚げピッツァ」だ。これが予想以上に旨く、これなら続けられるのではと思った。これで2食。まだまだ先は長い。

夜は豆腐をフル活用し、「厚揚げたっぷりツナサラダ」と「ゴーヤチャンプルー」を作り、野菜スープも作った。

初日は糖質が摂れないと分かると余計に摂りたくなった。お腹もすぐに減ってきた。正直こんな状態が何時まで続くのかとも考えた。だが、旦那は始めた以上はやると決めた。必死だった。とにかく糖尿病を治すためにも、一刻も早くダイエットしたかったのである。

そんな旦那の姿を見て、私も『満腹ダイエット』と『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』を熟読した。翌日から「厚揚げのたらこマヨネーズグラタン」やら「アボカド奴」、「ゆで卵とブロッコリーのグラタン」などを作り、朝は毎日、キャベツとトマト、ベーコンの入ったスープを作ってみた。

この間、二人で出かけてドラッグストアで体重計と血圧計を購入。毎日、記録を付けた。

するとどうだろう。早くも4日目の朝、「奇跡」が起こり始めた。体重計を見ると糖尿病発病時87キロあった体重が既に80キロ台に落ちていた。
「やった。7キロ痩せたよ」

「え、凄いじゃない」

「よし、とりあえず15キロ減まで痩せるぞ」

こうして、旦那の「糖質制限ダイエット」に拍車がかかった。

 

糖質制限ダイエットに出会う

そうした不規則な生活のツケが、ある日、旦那に襲いかかった。そして、糖尿病に高血圧症、メタボリックシンドローム、脂質異常症、肝機能の悪化という、まさに「死に至る四重奏」を奏でることになったのだ。

この時、悩む旦那に、神が降りてきた。

(そういえば、あの雑誌に糖尿病の記事が載っていたな)

旦那が思い出したのが雑誌の健康特集だった。

ちょうど同じ号で、旦那自身がアルツハイマー病治療の最新動向の取材記事を書いており、その巻頭に、作家の宮本輝氏が「糖質制限食」という食事療法で糖尿病を克服しているという記事が出ていたのを思い出したのだ。

同じ作家で、執筆が続く中でも行なえる糖尿病治療という点が(これなら自分にも出来るかもしれない)と思わせた。

しかし、いきなり新たな「健康法」に飛びつくのもどうかという思いが最初は旦那をためらわせた。

その夜は仕方なく、病院でもらった「生活習慣病治療」や糖尿病の合併症状に関するパンフレットを読んでいた。すると糖尿病が如何に怖しい病気か次第に分かってきた。同時に怖くなってきた。

(やはり、すぐに痩せないとマズい、仕事も出来なくなる)

その時、フッと旦那の心をよぎったのが、糖尿病になる前、何度か執筆したことのある食雑誌で、『満腹ダイエット』という別冊を出していることだった。その別冊で一冊丸ごと「糖質制限食」を特集していたのだ。

(よしこれをやってみるか)。旦那は思いきって、旧知の編集長に電話をかけてみた。「御無沙汰しています。実は、ちょっと御相談があって電話したんですが、私、糖尿病になったみたいなんです」

「え、それは大変ですね」

「で、今、出されてる『満腹ダイエット』の糖質制限という食事療法をやってみようと思うんですが」

「まだ、学界では異端視されているんですが、やってみますか」

そう言った翌日、編集長は『満腹ダイエット』と、日本における糖質制限食の提唱者である医師の著書を、宅配便で送ってくれた。

タイミングよく糖質制限ダイエットを始める準備が整ったのである。

 

おからクッキーダイエット

結構前の話になりますが、過去最高体重を記録した私は、さすがにこのままではヤバイと思いダイエットをすることにしました(ノ゚ο゚)ノ

しかし贅沢者で、食べ物大好きな私に食べ物を制限するダイエットはできないと思ったのです。ついでにいうと運動も苦手で、ウォーキングに使う時間が勿体ないと思ってしまったり、ジムに通うにしても今の自分の恥ずかしい姿を見せたくないと思ってしまい行動に移せませんでした。

自分を放っておいて太ったのに、恥ずかしくてダイエットができない、とか今から思えば何様だよ、て感じですヾ(ーー )

最初はプロテインダイエットなどで食事を置き換えることを考えたのですが、プロテインって意外と高いんですね、今まで知りませんでした。

この金額分置き換えてそれで効果なかったらイヤだなぁと思うとプロテインを購入することを躊躇してしまいました。

また私は歯ごたえのあるものが大好きで、煎餅などの噛むと口のなかで散らばる食べ物が好きなのです。

色々とネットや雑誌などで情報を集めていると、おからクッキーというのが世間にあることを知ったのです。

一見普通のクッキーなのですが、バターなどを使用していないものは低カロリーで尚且つ値段も安いのです。

通販で評判のよいところからお試しのものを購入し、それを昼ごはんとして置き換えることにしてみました。

正直期待はしていなくて、クッキーがおいしかったらいいなぁくらいにしか思っていませんでしたm(-_-)m

一日に四枚くらいを水と一緒に食べると満足感がある、とのことでほんまかいなと思いつつ食べると、口のなかでクッキーが崩れ、確かに水がないと飲み込めないのです。

一枚につき200ミリリットルくらい私は飲みました。

クッキーの歯ごたえも自分としては好きなものでしたし、おからのニオイとかもしませんでした。

梱包も二枚で1パックになっていましたので、美味しいからといって食べ過ぎることもなく自制ができるのです。

一枚30キロカロリーくらいですので二枚から四枚食べても一食分余裕でカロリー制限できますし、置き換えて夕方までお腹が減りません。

おかげで半年で5キロほど減量に成功して嬉しいかぎりですO(≧▽≦)O

 

ホントのデブでした

これまでの太っていた旦那は「健康」に関しては全く無知であり、身体にいいことは何もやってなかったのである。そのため、いざ痩せねばならぬと分かった時も自分でもそれを行なう姿を想像することだに出来なかった。

その結果として若い頃から、際限なくブクブクと太ってしまった。

最も痩せていたのが、アルバイトしていた大学1年時で168センチ、63キロだった。それが三十数年後に87キロになっていた。もちろん自覚はあった。この間、当然周囲からは「太ってますね」とか「いい体格ですね」などチクリチクリと厳しい言葉を投げかけられ、やがて周囲も諦めたのか、女性からは「ポッチャリしていて可愛い」などとカラかわれるようになった。

いつの間にかそれが習い性となり、人から言われる前に自分で「デブですから」と開き直るようになったのである。

この状況に物書きという仕事が追い打ちをかけた。元々食べることが好きだったので、十数年続いた月刊誌のホテル連載を皮切りに各誌で、ホテルーサービスやレストラン批評の分野を執筆するようになった。週刊誌の連載で全国の老舗旅館や有名ホテルを回っては、有名人の顧客たちが愛した名物料理を1年半余り食べ歩いていた。

新しいホテルがオープンすれば、レストランの試食会に呼ばれ、開業パーティでワインを空けた。自分でも「美食作家」を気取っており、そうした料理評論の仕事も増えていた。

もうひとつの原因は、運動不足だった。

執筆が忙しかった旦那は、午後は編集者との連絡や打ち合わせ、電話取材などで費やし、夕方に食事をした後、執筆に入り、そのまま仕事が終わるまで徹夜で仕事をすることも少なくなかった。

その結果、夜中の12時過ぎにお腹が減り、自分で乾麺のそばをゆでて、汁そばにしたり、スパゲティを作って食べていた。

特に作家の中で尊敬していた池波正太郎が夜、食事をしてから一度寝て、夜中の一時頃に起き、自分でカツそばなどの夜食を食べて、翌朝まで仕事していたなどというエッセイを読み、自身もそれに倣って、夜に麺類を作って食べながら朝方まで仕事を続けたりした。

夜が明けて出版社に原稿を送ってから、自分で朝食を作って、食べてから昼頃まで眠るという生活も続けていた。それが作家としての仕事だとも思っていた。

こんな生活を続けていれば太るのは当然である。

 

糖質制限ダイエットのポイント

糖質制限ダイエットは、夜、活動量の落ちる夕食がポイントとなる。夕食後は昼間と比べ、活動量が少なくなるので、血糖値が下がりにくく、余った血糖が脂肪となって夜のうちに貯められてしまう。だから夜、主食を食べないことが糖質制限食の基本となる。

夕食のみ主食を抜き、朝と昼は主食を食べる「プチ糖質制限食」。これは実行しやすいメリットがあるが、改善効果はどうしても低くなる。

糖質制限ダイエットを成功させるためには、このパターンを各人のライフスタイルに合わせて実行すればいい。

「ダイエット初挑戦」の旦那は、生活習慣病である糖尿病にも罹っていたため、最初から1日3食「糖質制限食」という「スーパー糖質制限」を実行した。これが見事にハマり、当初87キロあった体重が約1週間で10キロ減って77キロに。

その後、2週間で更に10キロ減って67キロになった。計20キロ減。それもあっという間に落ちて、後はラクラクである。

効果の始まりは旦那にも分かった。スーパー糖質制限を始めて4日目ぐらいのことだった。身体の中で、何かのスイッチがバーンと入った気がしたのだ。自分でもその音が聞こえたと錯覚したほど突然に、身体がダイエットモードに切り替わる瞬間が分かった。

そこから旦那は劇的に痩せていった。

58歳。職業、ジャーナリスト。以前は身長167.8センチで体重87キロ。BMI値は28を超え、いわゆる「病的肥満」だった。早い話がデブである。

それが僅か3週間。この間にまさに「別人」の如く痩せてしまったのだ。

旦那はそれまでの人生において、一度も「ダイエット」というものを試みてはいなかった。

「ダイエット」と言えば、旦那がまずイメージしたのは、ランニングーマシーンで走ったり、朝早く起きて野外を走り回るジョギングだった。

あるいは、汗をかきながらの腹筋運動。しかる後にサウナに入って身体の水分を絞り込むものだと旦那は考えていた。

そして毎食毎食カロリー制限で食べたいものを我慢し、野菜中心にヘルシーな食事を1日3食心掛けなければいけない。

痩せるには、まずこうした運動をやらねばならないことが旦那には分かっていた。だがスポーツを観るのは好きだが、自分でやる方ではなく、運動と名の付くものは「学生運動」もしたことがなかった。日常生活でも身体を動かすことがあまり得意ではなかった。そのため面倒なことは一切したくないとも思っていた。

 

旦那が一気に痩せた!

それは一昨年、5月下旬のことだった。私の旦那は朝起きるとすぐ、自宅の浴室の隣にある洗面所に行った。

洗面所の床には先日、ドラッグストアで購入したばかりの真新しい体重計が置かれていた。

旦那はそれに乗るなり思わずあっと声を挙げた。

「体重が落ちてる!いやあ凄いな!」

思わず旦那はそうつぶやいた。無理もない。ついこの間まで87キロだった体重が僅か3週間余りで67キロに落ちてしまったのだ。つまり20キロ減である。

これが旦那にとっては、人生初めてのダイエット経験だった。そして、それがものの見事に成功した『瞬間』だった。

「糖質制限ダイエット」というダイエット方法がこんなに短期間で結果を出せるとは、正直思っていなかった。むしろ、こんなに簡単で痩せられるのかと思ったほどだ。ところがいざ始めてみると朝、体重計に乗ると、確実に毎日1キロから多い時には2キロ痩せていく。

それも途中から加速度がついて、グン、グン、グンという調子で体重が落ちていった。正直、こんなに素早く痩せて、健康には大丈夫かと心配になるくらいだった。

「糖質制限食」は、「糖質」の多い、ご飯、パン、麺類などのコメ・麦製品、いも類、菓子類を徹底して抜く食事療法である。これを実行すれば、8~9割の人は従来の面倒なカロリー計算など一切不要で痩せていく。

タンパク質や脂質が主成分の肉や魚などは、お腹いっぱい食べても大丈夫だ。

糖質の多い食品をあらかじめ把握しておき、普段の食事でそうした食品を控えるようにすればいいのである。

もちろん、いくら糖質制限ダイエットを行なっても、普段から極めて食事量の多いいわゆる「大食漢」や基礎代謝が極めて低い人は、糖質制限食に加えて、ある程度のカロリー制限も行なわなくてはならない。だが、普通の量を食べる人で普通の基礎代謝があれば、糖質制限さえ行なえば、みるみる痩せていく。

糖質制限食には、「スーパー」、「スタンダード」、「プチ」という3つのやり方がある。ダイエット効果や生活習慣病の改善効果が最も高いのが、1日3回主食を抜いて、おかずだけを食べる「スーパー糖質制限食」だ。

次に、3食のうち2食は主食を抜くが、忙しい朝食や昼食どちらか1食だけ主食を食べるのが「スタンダード糖質制限食」である。